FC2ブログ

立教大学フェンシング部ブログ

フェンシングの道具について!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!!4月になり、これから始まる大学生活に心躍らせていることでしょう。さて、前回までのブログでは、フェンシングって一体スポーツ?ってことや「フルーレ」みたいな単語聞いたことあるけど、フェンシングの種目にはどんな種類があるの?といった疑問を解決してきました。
 
第1弾、第2弾は↓から



http://rikkyofencing.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
http://rikkyofencing.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
 
今回の第3弾では、皆さんが疑問に思っていたであろう?フェンシングで使う道具について書いていこうと思います。
  


フェンシングで使う道具といえば、真っ先に思いつくのは剣ですよね。この剣は、種目によって全く形が異なります。この写真では、左からフルーレ・エペ・サーブルです。
  
フルーレとエペの剣先は、突くとポイントが沈むようになっており、これによって審判機(後程書きます)へと信号が送られる仕組みですね。サーブルにおいては、剣を相手に触れることが得点の条件なので、ポイントはないです。
 
ガード(ブレードと持ち手の間の部分)も大きく違います。エペでは、手への突きも有効になるため、手を守る大きなガードが付いています。サーブルも同じく手元を守るのですが、こちらは横からの斬りも有効なため、持ち手全体を覆うようなガードが付いています。
 
マスク




皆さんはどれが何のマスクかわかりますか?
正解は、左がエペ、右がサーブルです。サーブルは、マスクへの斬りも有効なので、通電するようになっています。
ちなみにフルーレのマスクはエペの物とほぼ同じですが、首の部分も有効なため、そこにも金属の布を付けて通電するようにします。
 
ユニホーム
 フェンシングのユニホームって白タイツみたいと思ったことある人もいるかもしれないですね(笑)
 
フェンシングのユニホームは大きく3つの部分に分かれています。ズボンと上半身のプロテクター、そして内側に着るプロテクターです。
 
フェンシングは観てると痛そうといった印象を抱く方もいるかもしれませんが、こういった防具のおかげで、基本的には痛くなく、安全に競技を行うことができます!
 
メタルジャケット
フルーレとサーブルでは、有効部への攻撃と無効部への攻撃を区別するため、ユニホームの上に通電するジャケットを着ます。フルーレでは、ノースリーブのような形状の物を使うのに対して、上半身全体が有効なサーブルでは、袖まであるものを着ます。また、エペでは、体全体が有効面であり、有効面を区別する必要がないため、メタルジャケットは使用しません。
 
審判機


最後に、審判機についてです。フェンシングでは、判定のために電気の審判機を使います。突いたほうのランプが点く仕組みですね。もしテレビなどでフェンシングを見たことのある人がいたら、赤や青のランプが点いているのを見たことがあるかもしれません。
 
選手は、自分のユニホームの中を通したコードを、後ろにある巻取り式のコードにつなげることで使います。
 
ここまで読んでくれた皆さん、本当にありがとうございます。
 
フェンシング部では、2019年度の新歓を、2,3,4,8日に池袋キャンパスで、5日に新座キャンパスで行います。少しでもフェンシングに興味を持ってくれた方、体育会の部活に入りたい方、マネージャーに興味ある方、フェンシングに関係なくても大学生活について何か質問がある方、どんな人でも大歓迎です。まずはブースか池袋キャンパス4403教室にお越しください!
 
また、3日は池袋で、5日は新座でフェンシングのデモンストレーションも行います。まずは競技をやっているのを見てみたいという方、ぜひぜひお越しください!
 
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!
 
質問、連絡、見学希望などは以下の連絡先までお願いします!
 
Twitter: fencing_rikkyo
メール:rikkyo.fencing@gmail.com
スポンサーサイト

第30回ユニバーシアード夏季大会選考会結果報告

2019年3月31日に味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われた第30回ユニバーシアード夏季大会日本代表選考会(男子エペ)の結果を報告します。  
西林(社4)15位 4回戦敗退
山崎(社4)77位 1回戦敗退
牛草(済2)84位 1回戦敗退
田尻(法2)87位 1回戦敗退
渡部(文3)108位 予選敗退
 
西林(社4)は本日の結果より、9月に開催される第72回全日本フェンシング選手権大会への出場が決まりました!
おめでとうございます🎉

フェンシングの種目について!

皆さん、こんにちは!2 年マネージャーの鈴木です。前回のブログは読んでいただけましたか?前回はフェンシングには 3 種類の種目があるという お話をしました。あまり気にしたことはないかもしれませんが、時々ニュース番組などで聞か れる「男子フルーレの A 選手は~」といったものや「女子エペ団体で~」といった報道に含ま れる「フルーレ」や「エペ」という単語は種目名を表しています。
 
前置きが長くなっちゃいましたが、フェンシングにはこの「フルーレ」「エペ」に加え、「サ ーブル」という 3 つの種目があります。今日はそれぞれの違いを簡単に説明していきます!
  
フルーレ(Foil)

攻撃権:あり
有効面:胴体
得点方法:突き
 
まず、攻撃権という言葉はなじみがないですよね。フェンシングではどちらが攻撃中なのかが 決められていて、両者が同時についた際にどっちの得点になるか決められることがあります。 攻撃権は、剣を払ったり、相手に攻撃をミスさせたりすることなどによって奪うことができま す。正直言うと、この攻撃権...難しいです(笑)フェンシングを始めるよーって人は少しずつ覚 えていきましょう!
 
フルーレの有効面は、胴体(腕・顔を除いた上半身)です。上半身に着るメタルのジャケットや マスクに着けるメタルの部分を突くと審判機の色ランプが付く仕組みですね。
 
スピーディーなカウンター攻撃や剣をしならせて背中を突くといった芸術的な攻撃が見られるのがフルーレの特徴です。
 フルーレは日本では最もポピュラーな種目で、北京オリンピックで銀メダルを獲得した太田雄貴選手はこのフルーレの選手ですね!
  
サーブル(Sabre)

攻撃権:あり
有効面:上半身全て
得点方法:突き・斬り
 
サーブルもフルーレと同様攻撃権のある種目です。
 
サーブルの有効面は、腕やマスクを含む上半身全体なのですが、最大の特徴は斬りも認められることです。つまり、どんな形でも剣が相手のメタルの部分に触れれば良いってことですね。
 
皆さんが西洋剣術といって想像するのは、このサーブルに近いものかもしれませんね。
 
サーブルでは、攻撃が有利な種目であることもあり、試合開始直後からお互いが攻撃をし合う といったとてもスピーディーな展開が見られます。3 つの種目の中で最も迫力のある種目です ね!
 
エペ(Épée)

攻撃権:なし(同時得点あり) 
有効面:全身 
得点方法:突き
 
エペには攻撃権はなく、全身のどこを突いても大丈夫な種目です。また、両者が短時間の間に お互い突いた場合には両方に点が入ります。両者に同時得点が認められるのは 3 種目の中でエ ペだけです。
 
攻撃権がなく、とにかく先に突けばいいという競技性は、初心者の方には見ていて分かりやすいかもしれません。
 
エペは、スローペースになりやすい種目でありますが、その分頭を使うことや駆け引きの面白さを最大限楽しめるといった特徴があります!
    
立教大学フェンシング部では、どの種目もやる選手が在籍しており、それぞれの目標へと向けて日々練習を重ねています。
 
今回の説明じゃちょっと分かりづらかった...という人は、まず見てみよう!一回見てもらえればそれぞれの魅力が伝わるかも!
 
立教大学フェンシング部はいつでも見学・体験大歓迎です!!下記連絡先までご気楽にご連絡ください!
 
Twitter: fencing_rikkyo
メール:rikkyo.fencing@gmail.com
 
フェンシングってどんな剣を使うのかな?とかどんな防具を着るのかな?はたまたいくらくらいするんだろう?といった疑問を持った人もいるかもしれませんね。次回は、フェンシングの道具について書いていきたいと思います!
 
また次回お会いしましょう!!

フェンシングについて!

みなさん、こんにちは!フェンシングというマイナースポーツに少しでも興味を持ってくれてありがとうございます!
 
僕は、異文化コミュニケーション学部新2年マネージャーの鈴木です。
 
フェンシングというスポーツ、どこかで聞いたことがある人も多いかもしれません。でも、テレビなどで実際に試合を見たりすることって少ないですよね?たまたま機会があって観てみてもルールが分からなかったり 🤔
 
そんなフェンシングを少しでも知ってもらおうと、今日から3回に分けて競技の紹介をしてゆきます!
 
第1回の今回は、基本的なフェンシングの予備知識について紹介します😆
  
まず、フェンシングには3つの種目があります。エペ、フルーレ、サーブルです。各種目についての詳しい説明は次回します!フェンシングはヨーロッパ発祥の剣術を原型としたスポーツです。日本でいう剣道のようなものですね!試合はピストと呼ばれる細長い台の上で行われます。剣道のように、礼儀を重んじる競技で、試合の最初と最後には“Rassemblez! Saluez!"という合図で、敬礼と握手を交わします。このように審判用語にはフランス語が使用されています。 
 
フェンシング基礎用語集



Rassemblez!Saluez! (ラッサンブレ!サリュ!)気を付け、礼
En garde! (オンガード!)構え
Prets? (プレ?)用意は良い?
Allez! (アレ!)始め
Un,Une(アン)1
Deux(ドゥ)2
Trois(トロワ)3
Quatre(キャトル)4
Cinq(サンク)5
 
これを覚えたらあなたももうフェンシング部に入部準備OKです!!
 
フェンシングはまだまだ競技人口の少ない競技です。大学から新たなスポーツを始めたい人、大学でも何かしらのスポーツをやりたいと考えている人、フェンシングに興味を持ってくれた人、どんな人でも大歓迎です!!
 
何か質問や、練習の見学・体験をしたいなどの要望があれば、下記連絡先までどんどん連絡ください!!
 
Twitter: @fencing_rikkyo
メール: rikkyo.fencing@gmail.com
 
次回は、フルーレ・エペ・サーブルとは一体何?といったそれぞれの種目の説明をします。よろしくお願いします!

マネージャーの仕事紹介!

今日から新歓に向けてブログで立教フェンシング部について紹介していきます!
 
第1弾はマネージャーの仕事紹介です!マネージャーに興味がある人はぜひ参考にして新歓も遊びに来てください😊
 
マネージャーの仕事は大まかに分けると8つあります。
 
①ドリンク作り
②審判
③アップの指示
④ビデオ撮影
⑤他部やOBの連絡
⑥各種申請
⑦道具の修理
⑧審判機の準備
 
です! 
 
①ドリンク作り

新座体育館の場合は冷房設備がないため選手の体調を考慮して濃いめに作ったり多めに用意したりなどの気配りが必要です。
 
②審判

選手の人数が足りない時などは試合の審判をします。マイナーな競技のため慣れないことが多いですが、簡単な種目から一つずつ覚えていきましょう。
 
③アップの指示

練習の最初で行うアップでは、声を掛けたりタイムを計ったりします。大会前は、より実戦的な動きを取り入れたアップのメニューを指示することで選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるようサポートします。
 
④ビデオ撮影
大会、練習の際に試合の動画を撮影し全体に共有することで対戦相手の情報収集や選手自身のフォームチェックに役立つので、とても重要な仕事です。
  
⑤他部やOBとの連絡
新座体育館は3つの部で共有しているため、公平に使用できるように他部のマネージャーと連絡を取り、使用時間の調節をします。OBの方々に大会情報や毎月の練習日程を連絡するのもマネージャーの仕事です。
 
⑥各種申請
練習場所である体育館を取るのは、活動を行うにおいてとても大事な仕事です。池袋体育館の使用は毎月じゃんけんで決めます。体育館を使用するためには学生部に行き申請用紙を提出します。
 
⑦道具の修理
選手が万全の状態で練習・試合に臨めるように、剣やその他道具を分解して掃除したり修理したりします。得点を取る際に影響が出るためとても重要です。
 
⑧審判機の準備
フェンシングの試合は審判機と呼ばれる機械を使って行われます。この機械を準備して選手がすぐに練習を開始することができる環境を整えるのもマネージャーの仕事です。
重い道具が多いので1年生の選手と協力して行います!
 
マネージャーの仕事に関してはこれで以上になります。マネージャーは現在5人しかいなく人数が少ないため全員と濃い関係を築けます!選手も優しい先輩たちが多いのでとても仲の良い部活です!興味がある人はぜひ新歓に来てください!
 
次回の記事ではフェンシングのルールについて説明するのでお楽しみに!